『最初の金魚』中国で発見される

金魚の飼い方

金魚の原種が発見されたのは、いまから約1500年前の中国。ところは江西(こうせい)省と浙江(せっこう)省だといわれています。

当時の文献には『湖中に赤鱗魚の有るをみる』という言葉が残されています。

実はこの赤鱗魚、突然変異によって生まれた「フナ」、いまでいうヒブナだったのです。

つまり『金魚の祖先はフナ』だったというわけです。

Right Caption

え!そうなん?!
フナって↓コレでしょ?
金魚の先祖
ぜんっぜん似てないじゃん!
Left Caption

いやいや。
大人はいろんな色がいるけど
稚魚のときはこんな感じ↓だよ。
金魚の稚魚
Right Caption

ほおぉ。ホントやね。
色も黒いし、フナに似てなくもない。
Left Caption

「いでんしがくじょう」でも金魚はフナから生まれたって証明されてるからね~

へええ。勉強になったわ。
でも君、フナじゃなくて金魚に生まれてよかったね。
Left Caption

ん?なんで?
Right Caption

だってフナだったらお寿司になってたかもしれないじゃん。
Left Caption

・・・お、おぅ。。。

金魚の本格的な飼育はいつから始まった?

金魚の飼育が本格化したのは、10世紀後半で宋の時代からです。

この頃から盛んに品種改良がおこなわれ、16世紀の明時代から、陶製の容器による飼育が始まりました。

さらなる品種改良が進み、国外へ伝わったのもこの頃です。

16世紀初頭、金魚が初来日

金魚が日本に伝わったのは室町時代の末期。当時の大貿易港だった堺からだそうです。

残念ながら戦国の世であったこともあり、戦乱の中で1度絶滅しましたが、江戸時代に再び中国から持ち込まれました。

17世紀後半の元禄時代になると、養殖業者も登場して数を増やしていき、一部のお金持ちや武家を中心に広まっていきました。

この頃は、まだ金魚は贅沢品だったようですね。

Right Caption

へぇ~。昔は金魚って贅沢品だったんだね。なんか意
Left Caption

ん?なにか????
Right Caption

(外)いえ、なんでもありません(;・∀・)

一般家庭で親しまれるのは、18世紀半ばから

18世紀も半ばになると一般家庭でも金魚が飼われるようになり、19世紀には金魚鉢も売られるようになりました。

この頃から、夏の風物詩として金魚の人気が高まってきます。

当時の川柳でも『裏家住つき出しまと(窓)に金魚鉢』と読まれています。

トサキンやジキン、ナンキンなどが生まれたのも、ちょうどこの頃だといわれています。

金魚も今では30種類以上に!

金魚の飼い方
室町時代に日本へ持ち込まれて以来、何百年にも渡って親しまれてきた金魚の人気は今も衰えず、養殖や品種改良も盛んにおこなわれています。

過去に絶滅した品種を蘇らせようと試みる研究者も少なくありません。

水槽などの飼育器具も飛躍的に進歩し、金魚発祥の地である中国からの輸入も増え、近年の金魚人気はますます高まっています。

日本で見られる金魚の種類も、今では30種類を数えるほどになっています。

1500年以上前に発見された赤く美しいフナは、今なお進化し続けているのです。

今後、どんな美しい金魚が現れるか、今から楽しみですね。

金魚について

Posted by しょうすけ