『野生の金魚はいない』って知ってた?

金魚はペットの中のペット

あなたはペットというと、なにを思い浮かべますか?

犬や猫、鳥、熱帯魚など、ペットとして飼われている動物はたくさんいますよね。

その中でも、金魚は特にペットらしいペットといえます。

なぜなら、『金魚は野生では生きていくことができない』からです。

Right Caption

へぇ~。そうなんだ。でも先祖はフナだよね?野生のフナはたくさんいるじゃん。
Left Caption

ん~。まあ、フナはもともと野生で生きてきた魚だからね~。

うちら金魚もフナ科の魚ではあるけど、観賞用に品種改良された魚だし。
何世代も飼われてるのが当たり前になってるから、今さら「野生に帰れ!」とかいわれてもねぇ(笑)

Right Caption

あれ、でもどっかで野生の金魚がいるって記事見たことあるよ?どこだったかな?
Left Caption

あ~。たしかアメリカだね。なんやらっていう学者さんの記事かな。
でもあれは、野生の金魚がいた!じゃなくて「野生化した金魚」のことね。
あれは捨てられた金魚が生き延びて野生化したの。
そもそも、うちら金魚ってもともと自然化にはいない魚だからね。
ああいうのはレアケースだよ。
それとね・・・・・
Right Caption

ん??
Left Caption

金魚が野生化すると、めちゃくちゃ大きくなるの。
繁殖力も半端ないし、下手したら生態系壊しちゃから。
そういう意味でも、1度飼った金魚は、捨てたりしないで最後まで面倒みてほしいな。
Right Caption

そ、そうなんだ・・・
ところで、めちゃくちゃ大きくなるって、どれくらい大きくなるの??
Left Caption

1年で20センチくらいかな
Right Caption

!!!???
Left Caption

さっき、アメリカで野生化した金魚のはなしあったじゃん。その記事がこれね。
興味があったら見てごらん。
けっこう・・・いや、かなり怖いよ・・・
金魚が野生化すると…巨大化、驚きの繁殖力「最も厄介な生物の一つ」

このように一部の例外はありますが、基本的に観賞用として品種改良された金魚は、自然界で生き延びる術を持ち合わせていません。

金魚の美しさを象徴する鮮やかな体色も、川や湖では捕食者に「あなたのご飯はここにいるよ!」と声高らかに宣伝しているようなものです。

美しく優雅な尾びれは運動能力に欠けるため、いったん捕食者に見つかってしまうと逃げ切るのはほとんど不可能でしょう。

人に飼われること以外、生きる手立てのない魚。それが金魚なのです。

たとえ人が自然界に放しても、野生で生活するには適したとはいえない形をしており、野生のフナの形に戻ってしまうことがほとんど。それはもう金魚とはよべません。

金魚は人に馴れやすい

金魚の飼い方

金魚はとても懐っこい性格をした魚です。

あなたが水槽の前に立つだけで、嬉しそうな顔をして水面近くまで寄ってくるでしょう。

エサを求めての条件反射かもしれませんが、そうした姿はとても愛らしいものです。

「金魚は飼い主に似る」という言葉もあります。

優しく、愛情を込めて育ててあげると、金魚ものんびりしながら平和に暮らすことができます。

反対に、乱暴に扱ったり水槽を叩いたりすると、ストレスが溜まって神経質な性格になってしまいます。

可愛らしい金魚との暮らしを楽しみたいなら、たっぷりの愛情をそそいで、金魚が安心して暮らせるようにしてあげてくださいね。

金魚鉢には入れないでね

金魚鉢には入れないで

「金魚すくいから連れ帰っても、次の日にはお亡くなりに・・・」

「金魚を飼えるのは夏の間だけ」

と考えていませんか?

たしかに金魚を飼い始めても、すぐお亡くなりになることもあるでしょう。

しかし、それは「飼育の仕方が悪いから」です。

例えば、

・金魚鉢に入れて育てた

・水槽や器具が合わなかった

・水の管理がよくなかった

・エサの与え方が悪かった

・病気の兆候を見逃した

など、金魚がお亡くなりになる原因はたくさんあります。

Right Caption

なるほどねぇ。て、金魚鉢に入れちゃダメなの?
金魚といえば金魚鉢ってイメージなんだけど。
Left Caption

そのイメージ強いよね(笑)でも、うちらから見たらハッキリいって生きづらい。
空気に触れる水の面積が狭いから、リアルに酸素が足りなくって苦しいんだよ・・・
それに早く気づいてほしいんだよね(;´Д`)
Right Caption

そうだったんだ。ごめんょ~(焦っ)
Left Caption

広々とした水槽で、水の管理やエアレーションをしっかりしてくれれば大丈夫だよ!
そうしてくれたら『金魚は10年くらい生きられる』から( *´艸`)
Right Caption

( ´∀`)bグッ!
Left Caption

(*´▽`*)

あなたも、金魚といえば金魚鉢というイメージを持っていたのではないでしょうか?

口の部分がアサガオ型になっているポピュラーなものから、ブランデーグラスのようなオシャレなものまで、最近は凝ったデザインの金魚鉢もずいぶん増えました。

見ている分には楽しいかもしれませんが、金魚にとっては暮らしやすい環境とはいえません。

あなたも狭い家に押し込められたら、息苦しく感じるはずです。

たしかに改良が重ねられた高級金魚の中には、体が弱く飼うのが難しいものもあります。

けれども、ワキンやシュブンキンなどは身体が丈夫で飼いやすい金魚です。

金魚との暮らしを長く楽しむためにも、ぜひ金魚が安心してノビノビと暮らせる住まいを用意してあげてください。

金魚について

Posted by しょうすけ